MxNet2の構成

1. MxNet2 ライセンスマネージャサーバ

サーバとなるコンピュータで動作、クライアントからのライセンス要求に答えます。最大ライセンス数に達していなければ許可を与えます。

  • ーWindowsアプリ、又は Windowsサービスとして動作( Windows版 )
  • ーMxNet2サーバの動作を監視、動作していなければ再起動させる Windowsサービス付属
  • ーランタイムに依存しない高性能ネイティブプログラム
  • ークライアント OS で動作可
  • ーTCP/IP 通信
  • ー32ビット/64ビット版同梱


    2. USBセキュリティキー

    USBセキュリティ内部に許諾する最大ライセンス数を保存します。ライセンスデータはコンピュータ上のファイルやレジストリに保存しません。

    USBキーの抜き差しでライセンスデータをコンピュータ間で簡単に移動できます。


    クライアント API

    API の呼び出しでネットワーク越しの MxNet2サーバにライセンス取得要求できます。API は Matrix USBセキュリティキーを操作する API 呼び出しと 似ています。

    業務プログラムは MxNet2 API をソースコードに埋め込むことで MxNet2のライセンス管理機能を追加できます。 また、自動暗号化ツールでプログラムの実行ファイルを保護(暗号化)すると同時にライセンス管理機能を追加できます。