Windows への2段階、2要素認証

Windowsへのセキュアログイン

USBトークン認証


Matrixキー

スマートカードを内蔵したUSBキーは、他のスマートカード内臓製品と動作する業務プログラムに影響を与えることがあります(業務プログラムが動作しなくなった事例があります)。Matrixキーは他の機器に影響を与えることも、また、影響を受けることもありません。利用環境を気にすることなる導入できるはずです。


ユーザ専用

各ユーザに提供する MxLogon2 はユーザ毎に異なります。あるユーザに提供されるUSBトークンは別のユーザに提供される MxLogon2 では認識されません。何もしなくても提供 USBトークンは自身の MxLogon2 でのみ利用可能になっています。


PC毎に利用可能トークン限定

PC毎に利用可能なトークンを登録できます。ユーザに提供された USBトークンでも、登録されていないPCでは利用不可とすることが可能です。


PIN

USBトークンは既定で 4つの認証領域を持っています。各領域に PIN を設定可能です。キーの4つの領域にアクセスするには PIN 入力が必須です。MxLogon2 はトークン利用者がトークンの正当なPINを知っているかどうかを確認します。既定では7回連続してPINをご入力するとキーはロックします。


自動PIN

PIN入力は自動化できます。自動PINを設定すると自動的に PIN が入力され、手入力する必要がありません。


業務ソフトのプロテクト

業務ソフトを持ち出されても USBキーが接続していなければ動作しないようにできます(業務ソフト側で対応する必要があります)


Designed by CSS.Design