リアルタイムクロック内臓・超小型 USBソフトウェアプロテクトドングル

自動プロテクトユーティリティ

実行ファイルプロテクト

SmartTimePro / SmartX1 には、実行ファイルを簡単な設定でプロテクトするユーティリティが付属します。

保護したプログラムと動作するドングルの情報(アプリケーションIDとユーザPIN)と2つのオプションを設定するだけで、32bit/64bitの実行ファイルを自動プロテクトできます。

Enigma Protector

SmartTimePro / SmartX1 付属のプロテクトユーティリティはそれ自身でプロテクト処理するわけではありません。Enigma Protectorという実行ファイルプロテクト専用プログラムを裏で呼び出しています。付属プロテクトユーティリティは、Enigma Protectorに対する”シェル”プログラムです。

Enigma Protectorは 32ビット/64ビットの実行ファイルをプロテクトできます。

SmartTimePro / SmartX1には Enigma Protector の無ライセンス版が添付されています。 無ライセンス版は試用版として動作します。試用版でプロテクトした実行ファイルは起動時に 試用版でプロテクトしたことを示すウィンドウが表示されます。また、プロテクト機能も制限されています。

Enigma Protectorライセンス

SmartTimePro / SmartX1 にはEnigma Protectorライセンスは付属しません。別途ご購入ください。
既にお持ちのEnigma Protectorはそのままご利用いただけます。別途購入する必要はありません。
32 ビット実行ファイル対応ライセンスと 64 ビット実行ファイル対応ライセンスは別々に提供されています。

お問い合わせ窓口

045-843-7122

お問い合わせフォーム

メニュー

ページの上部へ